【ICLN】勢いで買ってしまったが早くも売却を検討中

めーめーおじさんです。

1月7日の本ブログにて、これまで保有していたQQQを全売却してクリエネ関連ETFであるICLNを買付した事を記事にしました。

※その時の記事がこれです。

【購入】ICLN(2021.01.06)QQQからクリーンエネルギーETFへスイッチ

こちらの記事の要諦は、トリプルブルー成立による大型景気対策と増税、そしてそれらからくる富の再配分がクリーンエネルギーへ集中するのでは?と考え、クリエネETFをポートフォリオに加えてその恩恵を受けようとしたことを書いています。

しかし一方で、こんな記事を最近書いています。

【PLUG】ポートフォリオ構成比50%突破!株価急落も将来性に賭けてガチホ継続

そうなんですね…、私のポートフォリオは既に半分以上がクリエネ筆頭銘柄であるPLUGで占められているわけですwww

正直、私は「雰囲気と勢いと忍耐」で投資をしているような投資家です。勢いでQQQからICLNへスイッチしたものの、よく考えたらポートフォリオの多くがクリエネ銘柄で占められているという歪な状況となってしまっていました。

普通は分散投資を行う時も、銘柄はさることながら、セクターの割合も重視しなければいけないと思います。しかし、クリエネ関連で言えば既に60%を超える状況となっており、これではちょっとどうなのよっとおもったわけです。

ましてやICLNの組入れ銘柄上位はPLUGですしねw

クリエネ関連銘柄は連れ高、連れ安が非常に多い様に感じていますが、唯でさえハイボラなPLUGが短期では調整期間に入ったのではないかと感じているわけですから、ちょっとこれは考えないとだめかなと。

ようするにICLNへの投資は失敗してしまったかなと考えているわけです。そりゃあPLUGを持っていなくて、且つこれからインするにも勇気がいるチャートになっていますので、ICLNのようなETFを保有する意味はあると思います。

しかし、繰り返しになりますがPLUGがポートフォリオの50%を占めるほどになってしまっていれば、保有する意味があるのかなと考えてしまいます。

単純にPLUG集中投資で良いのではないかと…。EV銘柄であるRIDEもありますし、ごちゃごちゃ売買を短期で行うのは不本意ではありますが、リスクを分散させる意味でももう少しポートフォリオを変更する必要があるようです。

リバランスの方向性は?

現状では、PLUGを除いたポートフォリオの円グラフを作成すると上図のようになります。もともとPLUGは家計予算120万/月から別枠(自分のお小遣い)で投資を行ってきました。

現在組入れ銘柄であるKOPNも同じですが、割合が小さすぎるのでほぼ無視するとして、インデックス:個別株=58:42という比率で運用しています。

投資初期のころは70:30という割合で考えていましたが、リスク許容度の点から多少のリスクは取れる事がわかりましたので、徐々に50:50の割合まで比率を買い増しでリバランスしてきました。

まあ無理やり50:50にする必要はありませんが、今回ICLNを売却することを考えた場合、多少個別株へ資金を配分しておきたいところです。

やはり第一優先はRPRX、次点でGDRXを考えたいと思います。本当はGOの取得単価を下げるためにナンピンしたいところですが、保有銘柄の中でGOは時間がかかりそうな感じがしますので、やはり先の2銘柄への投資を優先したいところです。

また、ポートフォリオの安定感を出したいので、一度売却してしまったVHTへの再投資も検討します。ここ最近のボラが大きい相場環境の中でも安定した値動きになっているような感じです。

とはいえ、ETFは全てVTIへ集約してもいいかなとも考えており、楽天VTIとあわせて保有割合を50%以上まで引き上げても良いかなとも考えています。

何だかんだと、VTIは本当に良いETFです。今話題のクリエネ銘柄だろうが、ARKが目を付けている爆上げ銘柄、小型株からアマゾンのような大型株まで網羅して、且つ勝手にリバランスしてくれるんですから。

VTとあわせて最強ETFだと個人的には感じてるわけです。但し、少しでも市場平均を上回るリターンを得たいと考えてサテライトにセクターETFや個別株を厳選して保有しているわけです。

今ではPLUGがコアみたいな感じになっていますが、私としてはあくまでVTIがコア銘柄ですからね。当初の私の投資目的は「老後資金の確保」ですから、少しリスクを取りすぎた状態を修正するにはVTIがもっとも無難で最適な選択かもしれません。

Rule No.1: Never lose money. 
Rule No.2 : Never forget Rule No1.
(ルール1:絶対に損をしない事、ルール2:ルール1を忘れない事)

Most people get interested in stocks when everyone else is. The time to get interested is when no one else is. You can’t buy what is popular and do well.
(多くの人は皆が株式市場で加熱してくると興味を持ちます。興味を持つときは皆が興味がない時に持たないといけない。既に人気がある株を買っても上手くはいかないだろう。

とりあえず今回の失敗を戒めるためにも、投資の神様「バフェット氏」の格言を自分に対して残しておきます。

とにかく1つ目の「損をしない事」は大事です。どんなに低リターンであろうと、大切な自分の老後資金ですから、リターンが出ているだけでも感謝しないといけません。そりゃあ儲かるにこしたことはありません。

しかし、これだけは絶対のルールであり、忘れてはいけない言葉、ルールであると思います。

また、2つ目は…まあ難しいですね(笑)

とりあえず月曜日は休場なので、もう少し色々と考えておこうと思います

ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックして応援して下さると嬉しいです。