【RIDE】ショートレポートで株価爆下げだけど逃げ遅れたんですが

めーめーおじさんです。

既に米国株投資家の皆さんであればご存知かと思いますが、RIDE(ローズタウンモーターズ)がショートセラーのヒンデンブルグリサーチのレポートの影響で株価が急落してしまいました。

その内容というのは他のブロガーさんの記事を見て頂ければ簡単にわかりますので詳細は省きますが、

・予約注文はほとんどが架空注文
・2021年9月の販売を予定しているが必要な検査を完了していないため生産には3~4年はかかるだろう
・今年に入って車両が走行テスト中に炎上した

と、まとめるとこんな感じでしょうか。RIDEについては、これまた株クラ界では有名な「じっちゃま」こと広瀬氏がSPACの中では有望銘柄とお勧めしていたことから、それにより投資に踏み切った方も多い事でしょう。

そんな私もTwitterでRIDEの存在を知り、自分なりに調べてから投資を行いましたが、今回のショートレポートで大爆損に巻き込まれてしまいましたw

朝起きたら-16%の急落となっていましたから、もうがっかりしたわけですwww

完全に逃げ遅れた形となりましたが、Twitter上では損切したという報告が続々上がっていましたから、今回を契機に撤退した投資家さんは相当数いるものと思われます。

さて、ここからが重要なのですが、まあ冷静に考えて「ショートレポートって信憑性はあるのか?」と単純に疑問に思ったわけです。

そもそもRIDEの将来性に賭けて投資をしたわけですから、今回のように空売りで儲けるようなショートセラーのいう事を真に受けて狼狽売りしたら、それこそ養分になってしまうのではないか?と考えるに至りました。

調べた結果、結局売却に至ったとしても、まあそれはそれでしょうがないかなと。どうせ損切するならもう少し様子を見ようと考えました。

とりあえず情報収集には現地のSNSを活用してみようと、レディットをスマホにインストールしRIDEに関する情報を収集しました。

とりあえず英語が苦手で読むのが大変なので、そこそこに留めておきましたが、なかなか興味深い内容が載っていましたね。

こちらも真偽はわかりませんが、「5人しかいないショートの専門業者と既に地元のために働くRIDE従業員どっちを信じるの」「辞めた従業員がRIDEを失敗させたくてヒンデンブルグに話している」的な感じ?のことが書かれていて、上記のツイート内容にあるようにレディット民に「集え!」と呼びかけがありますw

思いがけずゲームストップ株のようなマネーゲームにも発展しそうな展開にワクワクしてきているわけですが、どうもバイデン政権の経済対策で配られる給付金は3月17日頃を目途に米国民に配られるらしいので、万が一「レディット民vsヒンデンブルグ」の戦いが勃発する場合は、それ以降に開戦するのではないかと考えていますw

更に肝心のRIDEについても、今回のショートレポートに関する反論を3月17日に行うと発表していますので、どんな内容になるかはわかりませんが期待が膨らみます。

既にウォールストリートジャーナルとスティーブCEOのインタビューでは「ショートレポートは半分の真実と嘘がある」と語っているようなので、果たしてどんな内容になるのかって感じです。

とりあえず売り急ぐ局面ではなさそうなので、私はもう少し様子を見てからどうするか判断していきたいと思います。

ランキングに参加しています。励みになりますのでクリックして応援して下さると嬉しいです。